→ 資料室 > 牧師著書
 



                                        購入について



イエス・キリストの大預言
泉パウロ著  定価 本体1500円+税  
著書に関しましては泉パウロ個人の思想に基づくものであり、純福音立川教会の教義には全く関係ありません。

本書「はじめに」より――

世界の歴史はすべて聖書の預言通 りに動いています。預言には個人的なものから民族的・国家的なものまで種々ありますが、聖書預言は単なる宗教ではなく驚異的なほど現実社会に一致した。
まさに神さまが生きて働いておられることを確信させる人類へ送られたの知恵の宝庫です。
世界の国家レベルの預言をも示してくださるイエス・キリストの大預言をぜひ聖書から学びましょう。 説明補足用の写真や系図や絵がたくさん付いてます!
先行き不透明な混沌とした世界情勢の終末世界に確かな預言の御言葉を!聖書には驚異的な未来の預言が何千年もの昔から書かれていました。
その預言の言葉が今、解き明かされる時代!
今まで確かに歴史は聖書の預言通りに世界戦争大きな出来事がことごとく書かれたとおりに実現してきました。
聖書預言は単なる宗教や妄想ではなく確かに人知をはるかに超えた英知によって書かれた最高の神秘の書です。
ぜひ、聖書を知り、これからの世界情勢を正確に見極めて下さい。
過去の歴史中にもたくさんの人々が正しい聖書の預言を事前に知っていたことにより、数々の災害から事前に逃れた幸いな事例が沢山あります。
その事例の一つとしてイエスの大預言を信じて実行したユダヤ人はローマ軍から攻撃されて国家が崩壊した戦争の悲劇の中でも山に逃れて奇跡的に全員助かったことを歴史は今も証明しています。
そして聖書はこれからの未来のことも明確に預言しています!!
(本文の内容)衝撃的真実!聖書の系図と古事記の系図は見事に一致!暴露!天皇一族は元々ユダヤ人系である!?
大国アメリカを動かす陰の支配者達と9.11の真実 大陸間弾道ミサイルと戦争の預言
発見!2002年、イスラエルに関わる預言がカーター元大統領に見事!成就!ロシアとイスラムの将来を預言!
第三次世界大戦を聖書は預言していた!
預言の驚異!ヨーロッパ 中国 天国 終末期に必ず現われるの独裁者反キリストとシリヤの関係EU本部のビースト666ダニエル書から本当のイースターはAD32年4月13日 ヨエル書から歴史的教会預言!
今は、かみつくいなごを除く最後の戦いの時代 エゼキエル書から中東6段階の回復預言イザヤ書から今の時代を預言復活!エデンの園希望!終末期の新ゴンドワナ大陸復活預言!聖書には元々地球の大陸が一つであったことを預言していた!分かりやすい説明用図解入り!
この本の 一部分を実際に読んでみる。
● 目次
はじめに 
第1章・日本
第2章・アメリカ
第3章・イスラエル
第4章・ロシア
第5章・ヨーロッパ
第6章・中国
第7章・天国七つの教会
第8章・反キリスト
第9章・油そそがれた王キリスト
第10章・ヨエル書に見る歴史的リバイバル
第11章・イスラエルの全家
第12章・聖書の中の小聖書イザヤ書
第13章・エデンの園をもう一度!
第14章・救い主イエスさま

 

    

 


大発見!主イエスの血潮
泉パウロ著  定価 本体1700円+税   
著書に関しましては泉パウロの個人の思想に基づくものであり、純福音立川教会の教義には全く関係ありません。

この書は、奇跡と祝福の源であるイエスの血潮の力を、聖書の霊的・象徴的な解き明かしを始め、夢、幻、体験の証、考古学的資料、聖骸布、そして本当にゴルゴダの丘で発見採取された二千年前の生きて働くイエスの血潮DNA分析記録など、あらゆる角度から研究レポートしたものです。
説明補足用の証拠写真や絵がたくさん付いてます!
推薦の言葉:キリストの福音大分教会ホームページより

以下に、お勧めする四冊の本は、どれも読みやすくはない。しかし、特に、初めの二冊の本はぜひ読んでほしいものです。
  「大発見!主イエスの血潮」(泉パウロ著、マルコーシュ・パブリケーション発行、一七〇〇円+税)これはまあ、驚天動地の本である。ある人々には信じられないだろうと思う。しかし、三年前出た「契約の櫃(はこ)」という本を読んでいた方は、あらためて納得するでしょう。とにかく、聖書の記事には一点の謬りも無いという確信を与えてくれる本です。
  「真理はあなたを自由にする」(ルーク・カラサワ著、リバイバル新聞社発行、二〇〇〇円+税)リバイバル新聞連載中から私の最も注目し、また共感した文章です。「罪を犯すのは私ではない。私の肉のうちにある罪です」とか「単数の罪と複数の罪との区別」、そして「人間の内的存在のありかたについて」の洞察、私が長年言い続けてきたことであったし、また私の考えていた以上に深い指摘があって、私も心ときめかして読みました。聖書的人間観にもとづくカウンセリング手法として、現在得られる最高の教科書ではなかろうかと思っています。
  「円の支配者」(リチャード・A・ヴェルナー著、草思社発行、二〇〇〇円+税)著者はドイツ人、クリスチャン・エコノミストです。却って金融経済を知っている人には驚天動地の本かもしれない。詳しくはリバイバル新聞一〇月二八日号の著者インタビュー(一頁特集)を読んでください。八〇年代のバブルは日銀が作り出したものだという。こうしたことの基本的思意を神様から啓示を受けたという。一九二〇年以降の日本経済の盲点が暴かれた感じであるが、私もこの本でもっともっと学びたい。  「生命の暗号」(村上和雄著、サンマーク出版発行、一六〇〇円+税)これだけは新刊ではないし、キリスト教の本でもない。筑波大学の教授として著者の良心を賭けて書いた宇宙生命の根源を遺伝子の暗号に求める卓抜した論文です。船井幸雄氏などからよく聞く「グレート・サムシング」という言葉は、この著者から出ているらしい。この言葉では創造者なる神には行き届かないのが私の不満です。私は「グレート・パースン・オンリー」と言いたいのです。しかし、科学もここまで来たのかと、感謝。
この本の 一部分を実際に読んでみる。
● 目次
はじめに
第1章・罪を赦す
第2章・聖霊を注ぐ力
第3章・呪いからの解放
第4章・いやしと健康
第5章・信仰と献身する力
第6章・栄光の体
第7章・天の御国

※購入について
この本は全国キリスト教書店または
マルコーシュ・パブリケーション社ホームページまた当ホームページにて購入可能です。
購入はごちらから 


 
Copyright(c) 2004.
ALL RIGHTS RESERVED BY 純福音立川教会